CSR

CSR

  1. HOME
  2. CSR

地域のために、いま自分たちでできること

アプリイ・ネットワークでは、聴導犬普及支援への募金活動「アピエル募金」、福祉介護施設へのタオル類の寄贈活動を行っています。

また、近隣のマラソン大会や各種イベント行事に積極参加しながら皆様の「元気」に繋がる活動を続けています。

CSR

アピエル募金

アピエル募金ロゴ
みんなに優しい社会を

アプリイ・ネットワークは耳の不自由な方の生活を支える身体障害補助犬“聴導犬”の育成を応援しています。各店舗に、お客様から善意を入れていただく「アピエル募金箱」を設置しています。

皆様から寄せられた善意をアプリイ・ネットワークから社会福祉法人日本聴導犬協会に寄付させていただきます。寄付金は同協会で聴導犬の育成費用に使われます。

アピエル募金

聴導犬育成支援

聴導犬って何だろう?

聴覚障害者の方々の耳となるように特別に訓練された犬
聴導犬は「聴覚障害のある方たちに、生活で必要な音を知らせる」ために訓練を受けた犬です。聴導犬になるには厚生労働大臣が指定する法人の認定試験に合格しなくてはなりません。
聴覚障害者の方々の危険性を回避し、命の安全を保つ
睡眠時に警報器が鳴ったり、外出先や宿泊先で煙探知機の音が鳴ったりするとユーザーを起こして「伏せ」で危険を知らせます。赤ちゃんが泣いているのを知らせたり、家の中の事故などで助けを呼びたいとき家族を呼びに行きます。
ユーザーに必要な音を知らせ、生活の手助けをする
目覚まし時計の音、料理タイマーや笛吹きケトル、ドアベル、FAXや電話の音などを聞き分けて、ユーザーをそこへ導きます。また病院や銀行などの順番待ちで、順番が来たことを受付の人に鳴らしてもらうベルで判別し、受付まで導きます。

聴導犬普及のために

聴覚障害者は約35万人、正式認定された聴導犬は52頭
聴覚障害者数は老齢性難聴や自分では気づかない難聴者などを入れると、その数は2倍とも3倍とも言われています。その全員が聴導犬を必要としているわけではありませんが、40年の歴史がある盲導犬に比べ、聴導犬の歴史はその半分。聴導犬の正式認定は2003年10月に施行されたばかりで、2013年4月現在、認定を受けて合格している聴導犬は52頭しかいません。
聴導犬は日本聴導犬協会から無料で貸与されます
聴導犬を育てるためには、訓練費用のほかにアフターケア(10年以上)がかかります。訓練費用は80万円くらい、聴導犬として働き続ける10年以上のアフターケア代が同じくらいかかります。 しかし、社会福祉法人日本聴導犬協会ではユーザーに聴導犬を無料で貸与しています。育成や運営にかかるさまざまな費用への支援活動が求められています。
聴導犬画像1
聴導犬画像2
聴導犬画像3

古タオル寄贈

静岡市内・袋井市内の介護施設へ寄贈

社員・アルバイト全スタッフが参加し、社会貢献への意識と介護への認識を高めることを趣旨として、2012年より活動を開始いたしました。

今までに約6,200枚の古タオル・古着が集まり、静岡県内の介護施設へ寄贈をさせていただきました。

古タオル寄贈画像